9-3

前回の失敗から、男性用の脱毛の種類ぐらいは調べてわかるようになりました。
もうちょっと知識をつけてから始めればよかったなと反省したのです。
そこで、今度はちゃんと調べ、回数無制限のところに行ってみようと考え、お試しに予約してみました。

調べずに行ってしまった失敗

前回は、何ら知識もなく、激痛に見舞われて、そのうえわけのわからない勧誘で嫌になってしまいました。
でも、ここで脱毛を止めてしまうのも悔しいということで、もうちょっと違ったところを探してみたのです。

知識もだいぶつけて、脱毛の種類も調べてみました。
どうも光脱毛は、ひげの濃い自分には合わなそうなので、自分にあっていそうなレーザー脱毛を選択。
さらに、回数を一定期間無制限にできるところにしたほうが、自分にはいいだろうという結論に達したのです。
これぐらいは事前に調べろよというところでしたが、男性用脱毛なんてそんな知識のあるものじゃないですからね。

今回はレーザー脱毛を求めクリニックへ

今回は、クリニックにしたのも違いです。
脱毛効果を上げるということもありましたが、私はかなり濃いこともあり、なんだか不安だということを解消するには、クリニックのほうがいいだろうという結論に至りました。
女性と違い、なんだかんだと不安なんですよ。

カウンセリングを受けた段階から、不安ですよねと声をかけられました。
それが普通のことなので、とにかく聞いてくださいということで、前回の話も含め、どれだけいたいのかという話をしたのです。
はっきりといわれたのは、痛いのは当然ですが、我慢はできる範囲にはなるでしょうということでした。
特に初回から数回は痛いと感じ、そこからはだんだんとなれてきますよとはっきりといわれたのです。

男性スタッフがいることの安心感

すいている時期だったのかもしれませんが、すぐに待合室から呼ばれました。
まずはテスト照射をするということで、施術台に横になりましたが、担当は男性の看護師でちょっと安心したというのが感想です。
顔の周りを男性に触られるのもと思っていましたが、女性から見て濃いからと思われたのがスタートだったのに、女性に触られると思うとなんかげっそりしますよね。
ここだったら、安心してひげ脱毛を続けていくことができそうだと、実感することができた瞬間でもあったのです。