9-6

2回目の照射となると、脱毛サロンに行く前の不安な感じもなくなりました。
何をするのかわかるというのはいいもので、これでもうちょっと薄くなるのかと思うと、ウキウキこそしませんが、なんとなく納得もするものなのです。
恐怖心もなくなり、2回目はどんな感じなのかと期待するほうが強くなりました。

1回目からの感じは

1回目の脱毛の後、1週間ぐらいすると、自分の手にひげがつく感じがあったのです。
これが抜けるって感じなのかなと思って鏡を見てみると、ちょっと薄くなったような感じが。
間引かれて薄くなったというより、生えてきたひげが細くなったような感じがしたのです。
みためにも、なんか青ひげが薄くなったような気がして、気持ちもなんだか軽やかになりました。
脱毛するってこんな感じなのかというのが、この時になってわかってきたのです。

完全予約制の嬉しさ

2回目となると、入り口にもなれました。
カウンセリングや診察もなく、そのまま施術に入りましょうということで、待ち時間もほとんどなし。
予約制というのは、本当にいいものですよね。
これが完全予約制ではないと待ちの時間も多いし、実際にとれないこともよくあるんだそうです。
無制限といっても、施術してもらえないようでは、何の意味もありません。
実際、そんな脱毛サロンがつぶれたなんてニュースも耳にするのですから、ちゃんと通うことができる脱毛サロンを選ぶことがポイントともいえるでしょう。

2回目にして違いを実感

2回目ということで、照射レベルをどうするのかということを聞かれました。
私が初めに受けたのは、1だったんだそうです。
つまり、一番低いレベルで、痛みになれてもらうことが目的だったらしいのですから驚きでしょう。
こうした配慮があるのもしっかりしたクリニックに来たのだなと思えます。

今回は2回目ということもあり、照射レベルは2にアップしてもらいました。
前回の痛みぐらいならという気持ちもありましたけど、ほとんどの人はアップするという話を聞かされたのも大きかったでしょう。
1段階ぐらいあげても、問題はなかろうと思ったのです。

結果としては、やっぱり痛かったです。
1段階といえども結構な痛みで、結構気合も必要でした。
でも、前回の経験があったからなのか、耐えることができるのは不思議なものでしょう。

今回も施術終了後にクールダウンして、炎症防止に薬を塗ってもらい終了です。
前回よりもなんだかひりひりした感覚は残っていましたが、肌も慣れてきたのか、意外と違和感がありません。
それでも、今回終わってみて鏡を見ると、なんだか薄くなったような気がするのです。
これはなんとなくではなく、肌の色に違いが見られるようになったのは、うれしい限りでした。