9-7

3回目ともなると慣れたもので、脱毛サロンに行くことに抵抗もなくなります。
実際に3カ月目で、だいぶひげも薄くなってきたのを感じるようになったのです。
実感を持てるようになるということは、本当に大切で、続けられるようになるポイントでもあるでしょう。

完全個室であることの意味を実感

クリニックも含めてですが、慣れてくるといろいろなことがわかるようになります。
ここは完全個室でだれにも施術中会うこともありません。
完全予約制ですので、待合室にいる時間は極めて短いためで、ここで接触するということもほとんどないのです。
だれかに見られるということもないだけではなく、ばったり会ってしまう可能性も低いのは、どこかで安心できますよね。

男性脱毛サロンであったとしても、他の人に脱毛しているということを知られるのは、どこかで気分のいいものではないでしょう。
なにも問題のあることではありませんが、気分的に引いてしまうことになるのは間違いないからです。
個室がしっかりしているというのも、脱毛サロンを選ぶのに重要なポイントだったのだと気がついたのが3回目なのですから、私は鈍いのかもしれません。

時間もほとんどかからなくなってきた

3回目ということもあり、照射レベルを1段階上げてもらいました。
辛いというより、きれいさっぱりするというほうが気持ちもいいということなのです。
当然なんですが、あげれば痛いことは間違いありません。
でも、きれいさっぱりするのであれば、この程度は我慢できるようになってきています。
これが痛みに対する慣れで、耐性がつくということなのかもしれませんが、実感してみないとわからない部分でしょう。

時間的にもかなり短くなり、全部合わせても10分程度になりました。
先にわかっていたら、予約を休み時間にいれたりしたほうが効率的かなと思うほど短時間です。
クリームを塗ってもらった状態を見たら、ほとんど腫れも出なくなり、見た目で気がつかない程度かなとも思います。
ただ、私の場合は花粉症ということもあり、今の季節は顔の半分が隠れているので、あまり関係はないんですが。

効果がはっきりとわかるようになった3回目

3回目が終わり、脱毛ということにはっきりと効果を見ることができるようになってきました。
だれから見ても、確実に薄くなっている状態で、以前のような青ぞり状態も解消されてきています。
脱毛サロンなどでは、私ぐらい濃い状態だと10回以上は通わなければいけないらしいのですが、かなりすばやく進行してきているといえるでしょう。
クリニックでパワーが高いからというのもあるかもしれませんが、私にあっている場所を見つけられたということのほうが重要だったかもしれません。
いくらはっきり効果が出るとしても、相性が悪ければ行きたくなくなりますからね。